言語の変更

PHYSICIAN ACCESS     |     Distributor access

 

Language

PHYSICIAN ACCESS     |     Distributor access

レーザー治療

 

 

肝斑

肝斑とは何?

ごく一般的な皮膚症状である肝斑は治療可能です。通常、顔面の日光を浴びた部位の皮膚が淡褐色になります。肝斑は一般に、頬、額、鼻、または上口唇に生じます。肝斑は皮膚の褪色以外の症状はないが肌の見た目が気になるでしょう。

 

治療はどのように作用するのですか?

メラニンの過剰生産(過度の量のVEGFによって引き起こされる)は肝斑の原因であります。Dual YellowレーザーはVEGF(肝斑の原因の源)を肌へダメージを与えることなく減少させます。画期的なFEM®テクノロジーの特性を活かすことで、長期的な治療効果を実現すると同時に、患部周囲組織へのダメージ、痛み、および他の副作用を抑えます FEM technology

治療前と治療後

クリニカルスタディ

The Vascular characteristic of Melasma
En Hyung Kim, You Chan Kim, Eun-So Lee, Hee Young Kang, 2007

 
PDF Document 1141 KB
Download

Clinicopathologic efficacy of Copper Bromide Laser for treatment of Melasma in Asian patients
Hye In Lee, MD, Yun Young Lim, MS, BeomJoon Kim, MD, PHD, Myeung Nam Kim, MD, Hye Jung Min, MS, Jung Hee Hwang, MS, Kye Yong Song, MD, 2010

 
PDF Document 1696 KB
Download

Melasma treatment protocol
En Hyung Kim, Yonsei University Seoul, South Korea, 2011

 
PDF Document 95 KB
Download

バルキー病変

血管病変とは何?

血管病変は、皮膚内の毛細血管の拡張によって生じます。このような毛細血管が密集すると、赤色斑、あるいは時に大きなポートワイン血管腫が生じます。逆に毛細血管が拡散すると、糸状に見えます。

 

治療はどのように作用するのですか?

Dual Yellowレーザーが発振するイエロー波長は、オキシヘモグロビンに吸収し、速やかな美容効果をもたらします。これは、イエロー波長が血液に吸収されやすく、血管が凝固するためです。また、治療に伴う痛みはほとんど、あるいはまったくありません。 イエロー波長(578nm)は、ヘモグロビンの吸収ピークに完全に一致しています。

治療前と治療後

クリニカルスタディ

Copper Bromide Laser Treatment of Facial Telangiectasia: Results of patients treated over five years
Susanne E. McCoy, MBBS, 1997

 
PDF Document 120 KB
Download

An evaluation of the copper-Bromide Laser for treating Telangiectasia
Susanne E. McCoy, MBBS, Marshall Hanna, MBBS, FRACP, FACD, Peter Anderson, MBBS, Geoff McLennan, MBBS, FRACP, FACCP, SBSPJ, Michael Repacholi, PhD, FAIP, FACPSEM, 1996

 
PDF Document 120 KB
Download

Post-RhinoplastyTelangectasia: A tedious complication successfully treated with a CuBr Laser at 578nm
Daniel A. Cassuto, Deborah M. Ancona, GuglielmoEmanuelli, Lasers in Surgery and Medicine: ASLMS April 2002

 
PDF Document 120 KB
Download

Copper bromide laser for facial telangiectasia : a dose response evaluation
William R. Owen and Elaine Hoppe, Australasian Journal of Dermatology 2012

 
PDF Document 120 KB
Download

The utilization of a new Yellow Light Laser (578nm) for the treatment of class I Red Telangiectasia of the Lower Extremities
Neil S. Sadick, MD, FACP, FAACS, and Robert Weiss, 2002

 
PDF Document 120 KB
Download

ニキビ

ニキビとは何?

ニキビの原因は、皮脂腺に存在するPアクネ菌(P. Acnes)です。肌や髪に潤いを与える皮脂が皮脂腺から分泌される際に、Pアクネ菌が感染を引き起こします。

 

治療はどのように作用するのですか?

デュアルイエローレーザーが発振するイエロー波長は、Pアクネ菌を破壊すると同時に、皮脂腺を収縮させ、皮脂の産生を抑えます。デュアルイエローレーザーは、患部周辺組織にダメージを与えることなく、皮脂腺を標的としてPアクネ菌を破壊する唯一のレーザーです。

治療前と治療後

クリニカルスタディ

A practical comparison of IPLs and the Copper Bromide Laser for photo-rejuvenation, acne and the treatment of vascular & pigmented lesions
Peter Davis, Adelaide, Australia, Godfrey Town, Laser protection adviser, Haywards Heath, United Kingdom

 
PDF Document 345 KB
Download

リジュビネーション

リジュビネーションとは何?

リジュビネーションは、日光や加齢に起因するダメージ(シワ、シミ)に対する治療です。瘢痕や皮膚線条(妊娠線)の治療も可能です。

 

治療はどのように作用するのですか?

デュアルイエローレーザーが発振するイエロー波長による治療は痛みを伴わず、また、肌に弾力を与える重要なたんぱく質であるコラーゲンの産生を促進します。これは、イエロー波長がコラーゲンの再生を促すためです。さらに、イエロー波長は色素沈着を軽減します。したがって、肌はより明るく、より若々しくなります。 表皮と真皮上層における微小血管の血液の溢出と再吸収により、新たな皮膚コラーゲンが産生され、肌が若々しさを取り戻し、きめも整います。

治療前と治療後

クリニカルスタディ

Non-ablative Photo-Rejuvenation with a scanned copper bromide laser
Daniel A. Cassuto, Lasers in Surgery and Medicine: ASLMS April 2003

 
PDF Document 62 KB
Download

色素病変

色素病変とは何?

最も一般的な色素病変として、そばかす、シミ、肝斑があります。これらの病変では、メラニン(色素)の濃度が非常に高くなっています。原因として、日光の浴び過ぎ、加齢、遺伝的要因、けがなどがあります。

 

治療はどのように作用するのですか?

デュアルイエローレーザーが発振するグリーン波長は、色素病変の主成分であるメラニンを標的とします。治療による変化は瞬時に現れます。病変の色がわずかに濃くなる場合がありますが、これは正常な反応です。治療翌週には色素が徐々に薄れてゆきます。Dual Yellowによる治療は、周辺組織時にまったくダメージを与えません。そのため、外科的除去や凍結療法といった侵襲的処置を行わずに済みます。

治療前と治療後

クリニカルスタディ

A practical comparison of IPLs and the Copper Bromide Laser for photo-rejuvenation, acne and the treatment of vascular & pigmented lesions
Peter Davis, Adelaide, Australia, Godfrey Town, Laser protection adviser, Haywards Heath, United Kingdom

 
PDF Document 345 KB
Download

バルキー病変

What is this?

バルキー病変(皮膚のたるみ、良性のホクロ、隆起性色素病変、他の隆起性病変など)は、皮膚組織にみられる異常で、色や構造はさまざまです。種々の原因により、長い期間をかけて形成される場合があります。

 

治療はどのように作用するのですか?

デュアルイエローレーザーが発振するG30Y波長は組織に吸収され、出血を起こすことなく、バルキー病変を除去します。バルキー病変の治療では、最適の治療効果を実現するために、デュアルイエローレーザー独自の特性である2種類の波長を組み合わせます。

治療前と治療後

follow usfbtwlnyoutube